審査通りやすい消費者金融

闇金融に手を出す前に!人情審査の中堅キャッシング業者

消費者金融 貸してくれるところがない

どうしてもお金が必要な時にどこもお金を貸してくれる会社がなかったら……これは非常に困った問題です。
例え今までの自分の行いが悪かったとしても、他の人には貸すお金があるのに自分には貸してくれないという現実を目の前にすると、「自分はそんなにダメな人間なのか」と暗い気持ちになってしまいます。
その上、お金も手に入らない。となると、絶対に支払わなければいけないお金が支払えなかったり、千載一遇のチャンスを逃してしまったりと大損してしまうということにもなり得るわけです。

 

こうした事態に陥った時は、大手の金融会社にばかり審査を申し込むのはやめましょう。
大手の場合、似たような審査基準を持っているので、1社でアウトだった時はほとんどの会社でNGを食らいます。

 

ではどこに申し込めばいいのか?と言いますと、独自の審査基準を持っている中堅以下の規模の金融会社です。
消費者金融といえば、多くの人が大手の名前を思い浮かべるでしょう。しかし、大手ではない消費者金融も多数存在しているのです。

 

こうした金融会社は、大手金融会社とは違って独自の審査基準を持っています。
これが大手と比較すると融通の利く、甘い審査である場合が多いのです。そのため、他の会社ではキャッシングを断られたという人でも借りられるということがあります。

 

しかし、素人目には中堅程度の消費者金融とヤミ金との区別ってとても難しいですね。もしヤミ金に引っかかってしまったらと思うと恐ろしくてなかなか手が出せません。

 

そんな人のために、絶対ヤミ金ではない、安心して借りられる審査の甘い金融会社をこちらで紹介しています。

 

消費者金融で不安定な職業は借りられる?

消費者金融 不安定な職業

消費屋金融でお金を借りる人も人それぞれ。色んな職業に付いている人がいます。
公務員の方もいればフリーターの人もいます。
そして中には社会的地位が非常に高い弁護士や医師等もおりそれぞれ、職業は違います。

 

ここで消費者金融には属性と言う物があります。
属性とは、その人の職業や他社借り入れ件数等で、クラス編成がされていてそこで分類されます。
先ほどの弁護士の方が初めて融資を受けたならその属性は1番良いクラスになります。

 

仕事の中でも収入が不安定な人もいます。
どんな職業が不安定なのか?先ずは会社員の場合給料が完全歩合制の場合が該当します。
完全歩合ですから当然稼げる月もあれば稼げる。稼げない月は給料が少ないのが代表的です。

 

そして最も収入が不安定なのがホストクラブで働くホストさんです。
ホストさんの場合は極端なまでに収入が違います。人気上位のホストさんはお金等借りる事無く悠々自適な毎日を過ごせます。
ホストさんは収入が不安定な職業の筆頭格です。例えば中堅クラスのホストさんだと100万・30万・50万と過去3か月の給料があったとします。
消費者金融が認定するのは当然の事ながら利益の1番少ない30万円が審査の基準になってきます。

 

この不景気の世の中で30万円の稼ぎがあれば十分だと思います。
しかし、ホストさんはお金使いが荒いのです。

 

これが、消費者金融に足を運ばせる要因です。
どうしても100万月収で貰える月があったら少しは違った生活をしてみたいと誰もが思います。

 

消費者金融で1万円絶対に借りる

消費者金融 1万円借りる

 

消費者金融の最低貸出金額は1万円です。

 

先ず1万円融資と言う事は無いのですが、極一部の人は1万円のみ借りる人がいます。
通常は安定継続収入があれば、最低でも10万単位で貸すのが通例ですここで1万円しか消費者金融しか借りない人は、年金生活等をしている方です。
普通の会社員で申し込み金額が1万円という人は先ずいません。

 

1万円と言えども借金は借金です。
たった1万円程度なのだから、返済しなくても良いだろうと考える人は最終的にこの1万円に泣かされる事になります。

 

消費者金融では50万円も1万円も立派な債権です。
1万円と言えども踏み倒されるとその店舗の審査能力が上層部から厳しく言われます。
その為1万円融資は現在、殆ど行われていないのが現状です。リスクの高い事を消費者金融はしません。

 

この傾向は特に大手4社が顕著なまでに現れます。
先ほどの1万円の方ですが1万円と言えども逃げる事は出来ず、他社からの借り入れも出来なくなり1万円に泣くと言う事です。

 

そして通常サラリーマン等が利用している10万円単位の融資です。10万円が高いか安いかはその人の価値観によって変わって来ます。
因みに私は高いと思っています。

 

この10万円単位の融資では消費者金融は利息収入で成り立っていますから、極端な話、利息収入だけ苦しい月は返してもられば何ら問題ありません。
消費者金融を利用する際はやはり丸腰で挑むのでは無く、借りる前に情報をリサーチする事が重要です。